資金調達がこれで楽になります。元銀行マンの覆面経営コンサルタントが、銀行、証券会社、ノンバンク、消費者金融との取引に関する、資金調達【裏】実践テクニックを伝授。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中小零細企業にとっての最大の悩みは資金調達です。


前回は、『国民生活金融公庫新規開業に対する姿勢』について、申し上げました。


では、次に『新規開業時に国民生活金融公庫から融資を受けるタイミング』について、解説をいたします。



国民生活金融公庫新規開業であっても話を聞いてくれます。

融資の種類や状況によって、担保や保証人を求められることもあるでしょうが、とにかく新規でもしっかりとした資金計画事業計画があれば、実績がなくても融資を受けることができます。



さて、あなたが新規開業者だといたします。

とりあえず、開業するだけの自己資金はあるといたします。

しかし、将来に渡って、運転資金が続く自信はありません。


新規開業時に借りておくか、半年、一年ぐらい営業してから、運転資金が必要であるのなら借りるか、迷っています。



私は、この場合、ズバリ開業時に、国民生活金融公庫から借りるておくべきだと考えます。


半年、一年後に、赤字の実績を提示して借りるのと、開業前に白紙の状態で借りるのとでは、白紙のままの方が印象がいいということがあります。

つまり、新規開業時に、綿密な事業計画資金計画を立てて、国民生活金融公庫の門を叩いた方が、赤字の実績を持って、一年後に門を叩くよりも、借り入れが通りやすいのです。


100万円借りても年利は、わずか2~3万円くらいです。


将来を見据え、国民生活金融公庫から資金調達をしておくことは、非常に大切なことだと思います。

例え少額であってもきちんと返済していれば、将来的な追加融資・借換えも期待できるというメリットもあるのです。





その「国民生活金融公庫」からの資金調達方法の極意を説いたのがこちらです。
↓↓↓↓↓↓

即効
資金調達!国民生活金融公庫から借りる極意







資金調達のキーワード■
資金調達 資金 調達 方法 運用 中小企業 企業 事業 コンサルタント npo 起業 開業 ベンチャー 運転 緊急 株式会社 資金繰り 即日 融資 大口 不動産 事業 ブラック オンライン 担保 銀行 消費者 オンライン シミュレータ キャッシング 国民 生活 金融 公庫 中小 クレジット カード つなぎ 財形 住宅 公的 消費者 商品 一覧 無担保 年金 自己破産 車 審査 制度 無審査 個人 担保 低金利 年金 保証協会 甘い ネット 財政 利率 協調 破産者 多重債務 ネット バンク 起業 ブラックリスト プロパー 無職 多重債務者 法人 ショッピング 保証金 100% 創業 新規 動産 ファクタ リング 証明書 ノンバンク 売掛債権 社内融資 一本化 即振込み 審査 件数 まとめ ローン 限度額 住宅 特別控除 無担保 主婦 無職 シュミレーション 短期 手形 学生 他社 証書 依存度 予定表 長期 年金 比率 債権回収 



■「らくらく資金調達法」トップページへ戻る■ 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shikingri.blog89.fc2.com/tb.php/12-0a9fb95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。