資金調達がこれで楽になります。元銀行マンの覆面経営コンサルタントが、銀行、証券会社、ノンバンク、消費者金融との取引に関する、資金調達【裏】実践テクニックを伝授。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中小零細企業にとっての最大の悩みは資金調達です。


前回は、『国民生活金融公庫新規開業に対する姿勢』について、申し上げました。


では、次に『新規開業時に国民生活金融公庫から融資を受けるタイミング』について、解説をいたします。



国民生活金融公庫新規開業であっても話を聞いてくれます。

融資の種類や状況によって、担保や保証人を求められることもあるでしょうが、とにかく新規でもしっかりとした資金計画事業計画があれば、実績がなくても融資を受けることができます。



さて、あなたが新規開業者だといたします。

とりあえず、開業するだけの自己資金はあるといたします。

しかし、将来に渡って、運転資金が続く自信はありません。


新規開業時に借りておくか、半年、一年ぐらい営業してから、運転資金が必要であるのなら借りるか、迷っています。



私は、この場合、ズバリ開業時に、国民生活金融公庫から借りるておくべきだと考えます。


半年、一年後に、赤字の実績を提示して借りるのと、開業前に白紙の状態で借りるのとでは、白紙のままの方が印象がいいということがあります。

つまり、新規開業時に、綿密な事業計画資金計画を立てて、国民生活金融公庫の門を叩いた方が、赤字の実績を持って、一年後に門を叩くよりも、借り入れが通りやすいのです。


100万円借りても年利は、わずか2~3万円くらいです。


将来を見据え、国民生活金融公庫から資金調達をしておくことは、非常に大切なことだと思います。

例え少額であってもきちんと返済していれば、将来的な追加融資・借換えも期待できるというメリットもあるのです。





その「国民生活金融公庫」からの資金調達方法の極意を説いたのがこちらです。
↓↓↓↓↓↓

即効
資金調達!国民生活金融公庫から借りる極意







資金調達のキーワード■
資金調達 資金 調達 方法 運用 中小企業 企業 事業 コンサルタント npo 起業 開業 ベンチャー 運転 緊急 株式会社 資金繰り 即日 融資 大口 不動産 事業 ブラック オンライン 担保 銀行 消費者 オンライン シミュレータ キャッシング 国民 生活 金融 公庫 中小 クレジット カード つなぎ 財形 住宅 公的 消費者 商品 一覧 無担保 年金 自己破産 車 審査 制度 無審査 個人 担保 低金利 年金 保証協会 甘い ネット 財政 利率 協調 破産者 多重債務 ネット バンク 起業 ブラックリスト プロパー 無職 多重債務者 法人 ショッピング 保証金 100% 創業 新規 動産 ファクタ リング 証明書 ノンバンク 売掛債権 社内融資 一本化 即振込み 審査 件数 まとめ ローン 限度額 住宅 特別控除 無担保 主婦 無職 シュミレーション 短期 手形 学生 他社 証書 依存度 予定表 長期 年金 比率 債権回収 



■「らくらく資金調達法」トップページへ戻る■ 

スポンサーサイト
前回は、「国民生活金融公庫」から融資を受けて資金調達をする際のポイントについて、申し上げました。


では、次に『国民生活金融公庫新規開業に対する姿勢』について、解説をいたします。


一般的に、日本の銀行は新規設立、新規開業の会社には、基本的に資金を融資いたしません。


通常、銀行の窓口で「会社設立を考えていますので、融資をお願いします」と言うと、「それではまず会社を設立して、3年ほど経ってから来て下さい」と言われてしまいます。


これは、返済できるかどうかを、過去の経営成績などの実績で判断する日本の銀行の審査能力の低さを示しています。つまり、実績のない会社については返済能力を判断できないためです。



しかし、国民生活金融公庫新規開業であっても話を聞いてくれます。

融資の種類や状況によって、担保や保証人を求められることもあるでしょうが、とにかく新規でもしっかりとした資金計画や事業計画があれば、実績がなくても融資を受けることはできるのです。





その国民生活金融公庫」からの資金調達方法の極意を説いたのがこちらです。
↓↓↓↓↓↓

即効
資金調達国民生活金融公庫から借りる極意







資金調達のキーワード■
資金調達 資金 調達 方法 運用 中小企業 企業 事業 コンサルタント npo 起業 開業 ベンチャー 運転 緊急 株式会社 資金繰り 即日 融資 大口 不動産 事業 ブラック オンライン 担保 銀行 消費者 オンライン シミュレータ キャッシング 国民 生活 金融 公庫 中小 クレジット カード つなぎ 財形 住宅 公的 消費者 商品 一覧 無担保 年金 自己破産 車 審査 制度 無審査 個人 担保 低金利 年金 保証協会 甘い ネット 財政 利率 協調 破産者 多重債務 ネット バンク 起業 ブラックリスト プロパー 無職 多重債務者 法人 ショッピング 保証金 100% 創業 新規 動産 ファクタ リング 証明書 ノンバンク 売掛債権 社内融資 一本化 即振込み 審査 件数 まとめ ローン 限度額 住宅 特別控除 無担保 主婦 無職 シュミレーション 短期 手形 学生 他社 証書 依存度 予定表 長期 年金 比率 債権回収 




■「らくらく資金調達法」トップページへ戻る■ 

中小零細企業にとっての最大の悩みは資金調達です。


前回は、「国民生活金融公庫」から融資してもらうことのメリットについて申し上げました。


では、国民生活金融公庫から融資を受けて資金調達をする際のポイントは何なのでしょうか?


国民生活金融公庫は、確かに一般の銀行に比べて、比較的借りやすい金融機関ではありくますが、どんな場合でも借りられるというわけはありません。


そこで、これから『融資を受ける場合のポイント』について、解説をいたします。


1)自己資金があることを強調する

創業・起業の場合、ある程度の自己資金を用意する必要が本来あります。

できれば、融資希望額と同額の自己資金を用意した方が印象がいいでしょう。最低でも、融資希望額の20%ぐらいの自己資金は用意しておく必要があります。

最悪、自己資金が全く用意できない場合は、そのことを正直に言う必要はありません。相対的な事業資金の金額を2割程度水増しして申告し、自己資金を2割程度準備していることにした方がも国民生活金融公庫の印象ははるかによくなります。



2)小額融資の場合は担保は提供しない

借入れが2,000万円、3,000万円と大きくなれば保証人だけでの借入れは難しく、一般的に不動産などの担保が必要となります。

しかし、1,000万円位までの少額の借入れであれば保証人だけでも貸してもらえます。

ですから、1,000万円未満の小額融資の場合は、不動産などの提供できる担保があっても、わざわざ言う必要はありません。

万が一の場合、あなたの不動産を処分されてしまう危険がありますので、敢えて担保があることを言う必要はないのです。



3)保証人不要の制度を利用する

国民生活金融公庫からの借入れに際して、保証人を求められる場合がありますが、保証人不要の融資制度もいくつかありますので、最初から保証人が必要な融資は受けないようにいたしましょう。

動産担保同様、万が一の場合、あなたにとって大切な人を失うことになります。



4)詳細な事業計画を立案する

「担保もない」「保証人もない」という借りる側にとって、都合のいい融資を国民生活金融公庫から引き出すには、公庫の担当者が安心して、貸し出しをしてくれるための根拠が必要です。

それが「事業計画書=ビジネスプラン」なのです。

収支計画表、資金繰表などを含めた、あなたのビジネスについて具体的な数字を、熱意で伝えるものです。

業計画書は、詳細であればあるほど説得力があります。

これをいいかげになものにすると、融資額が減額されるばかりか、場合によっては、融資自体が実現しなくなります。



5)面談では「安心」「質素」「真面目」を強調する

借入れの申し込みをしてから約1週間後に、国民生活金融公庫の担当者と面談することになります。

面談では、決算書・事業計画書に基づき、これまでの事業の実績を質問されるほか、借りた資金をどのように事業に活かして行くのか、どのような収支が見込まれ、どのように返済して行くのかといった計画について質問されます。

さて、その面談で一番大切なのは、国民生活金融公庫の担当者にあなたが信用できる人間であると思わせることです。

国民生活金融公庫の担当者があたなに求める経営者像は「安心」「質素」「真面目」です。

身分不相応の高価なブランドもののスーツや宝石入りの外国製の高級腕時計を身につけ、高い外車などに乗って公庫を訪問することは、マイナス要因です。

地味なスーツに白いワイシャツ、そして国産のワゴン車に乗って、公庫へは行きましょう。

笑われるかもしれませんが、これが公庫の融資の判断基準のひとつなのです。





その「国民生活金融公庫」からの資金調達方法の極意を説いたのがこちらです。
↓↓↓↓↓↓

即効
資金調達!国民生活金融公庫から借りる極意







資金調達のキーワード■
資金調達 資金 調達 方法 運用 中小企業 企業 事業 コンサルタント npo 起業 開業 ベンチャー 運転 緊急 株式会社 資金繰り 即日 融資 大口 不動産 事業 ブラック オンライン 担保 銀行 消費者 オンライン シミュレータ キャッシング 国民 生活 金融 公庫 中小 クレジット カード つなぎ 財形 住宅 公的 消費者 商品 一覧 無担保 年金 自己破産 車 審査 制度 無審査 個人 担保 低金利 年金 保証協会 甘い ネット 財政 利率 協調 破産者 多重債務 ネット バンク 起業 ブラックリスト プロパー 無職 多重債務者 法人 ショッピング 保証金 100% 創業 新規 動産 ファクタ リング 証明書 ノンバンク 売掛債権 社内融資 一本化 即振込み 審査 件数 まとめ ローン 限度額 住宅 特別控除 無担保 主婦 無職 シュミレーション 短期 手形 学生 他社 証書 依存度 予定表 長期 年金 比率 債権回収 




■「らくらく資金調達法」トップページへ戻る■ 

前回、中小零細企業は「国民生活金融公庫」から融資してもらい、資金調達をすべきだということを申し上げました。


では、国民生活金融公庫から資金調達をするとどんなメリットがあるのでしょうか。


1)年利2%台の低金利で借りられる

国民生活金融公庫のメリットとして一番に挙げられるのが「金利の安さ」です。

銀行などで、これより安い金利で借りられることはまずありません。

また、銀行からの借入のほとんどの場合、信用保証協会の保証を求められます。(これには保証料がかかりますので、結局資金調達コストが高くつきます)

その他、ノンパンクなどは比較的緩い審査ですぐに借りられますが、
出資以下法違反ギリギリの29,2%に近い金利を取る場合も少なくありません。


2)固定金利での融資が受けられる

これは非常にありがたいことです。

固定金利が、なぜありがたいかといいますと、超低利金利時代がまもなく終焉すると思われ、近い将来金利の負担が大きくなると予想されるからです。

変動金利ですと金利が上がれば、銀行に支払う金額がどんどん大きくなり、毎月の返済額が膨らみ資金繰りが苦しくなります。

これに対して、固定金利ですと、世間一般の金利が上がっても会社が金融機関に支払う金利は上がりません。したがって、毎月の返済額も膨らみませんので資金繰りが安定します。


3)長期での融資が受けられる

国民生活金融公庫は普通貸付の運転資金を、最長5年間貸してくれます。

これなら徐々に返済をしていくことができますので、資金繰りは非常に安定します。

また、銀行のように「業績が悪化したのですぐに全額返してください」などということはありません。


4)新規開業者でも融資が受けられる

国民生活金融公庫は、開業のための資金であっても融資をしてくれます。

銀行のように「会社設立から最低3年経っていない会社は門前払い」されることなく、受け入れてくれるのです。

ましてや、民間の金融機関に「開業のための資金を貸してください」と頼んでも断られるだけです。




その国民生活金融公庫」からの資金調達方法の極意を説いたのがこちらです。
↓↓↓↓↓↓

即効
資金調達!国民生活金融公庫から借りる極意







資金調達のキーワード■
資金調達 資金 調達 方法 運用 中小企業 企業 事業 コンサルタント npo 起業 開業 ベンチャー 運転 緊急 株式会社 資金繰り 即日 融資 大口 不動産 事業 ブラック オンライン 担保 銀行 消費者 オンライン シミュレータ キャッシング 国民 生活 金融 公庫 中小 クレジット カード つなぎ 財形 住宅 公的 消費者 商品 一覧 無担保 年金 自己破産 車 審査 制度 無審査 個人 担保 低金利 年金 保証協会 甘い ネット 財政 利率 協調 破産者 多重債務 ネット バンク 起業 ブラックリスト プロパー 無職 多重債務者 法人 ショッピング 保証金 100% 創業 新規 動産 ファクタ リング 証明書 ノンバンク 売掛債権 社内融資 一本化 即振込み 審査 件数 まとめ ローン 限度額 住宅 特別控除 無担保 主婦 無職 シュミレーション 短期 手形 学生 他社 証書 依存度 予定表 長期 年金 比率 債権回収 


■「らくらく資金調達法」トップページへ戻る■ 

中小零細企業にとっての最大の悩みは資金調達です。


しかも低利で借りることができたら、どんなに素晴らしいことでしょうか。


それもできれば、返済のきつい3~6ヶ月の短期でなく、3~5年の長期で借りたいものです。



そこで、今日は、長期固定金利で、しかも低金利で貸してくれる金融機関からお金を借りる方法をお話させていただきます。



銀行?」

信用金庫?」

ノンバンク?」

サラ金?」


いずれも、長期で低利で貸してくれることはありません。

また、銀行の敷居の高さと審査の手間を考えると、ついつい足が遠のいてしまいます。



中小零細企業のために、政府が国策として、長期固定の低金利での融資を行っている金融機関があります。


それが「国民生活金融公庫」です。


もちろん、みなさん知っていると思いますが、果たして活用されているでしょうか?



その国民生活金融公庫」からの資金調達方法の極意を説いたのがこちらです。
↓↓↓↓↓↓

即効
資金調達国民生活金融公庫から借りる極意







資金調達のキーワード■
資金調達 資金 調達 方法 運用 中小企業 企業 事業 コンサルタント npo 起業 開業 ベンチャー 運転 緊急 株式会社 資金繰り 即日 融資 大口 不動産 事業 ブラック オンライン 担保 銀行 消費者 オンライン シミュレータ キャッシング 国民 生活 金融 公庫 中小 クレジット カード つなぎ 財形 住宅 公的 消費者 商品 一覧 無担保 年金 自己破産 車 審査 制度 無審査 個人 担保 低金利 年金 保証協会 甘い ネット 財政 利率 協調 破産者 多重債務 ネット バンク 起業 ブラックリスト プロパー 無職 多重債務者 法人 ショッピング 保証金 100% 創業 新規 動産 ファクタ リング 証明書 ノンバンク 売掛債権 社内融資 一本化 即振込み 審査 件数 まとめ ローン 限度額 住宅 特別控除 無担保 主婦 無職 シュミレーション 短期 手形 学生 他社 証書 依存度 予定表 長期 年金 比率 債権回収 




■「らくらく資金調達法」トップページへ戻る■ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。